転職するべき人とするべきでない人の特徴

仕事を探す

給与面や人間関係など、今の職場に不満を感じて、漠然とした理由で転職を考えている方も多いと思います。

自分が考えている転職理由で転職活動を始めてしまってももよいのかと不安に思っている方に向けて、転職すべき理由や転職における心構え、知っておくべき転職のリスクをご紹介します。

転職するべきではない人の特徴

キャリアアドバイザーの経験から、転職の相談に来られる方の中には、「その状況なら転職しないほうが良いのでは?」と思わず止めたくなるような方もいます。

転職のリスクが大きいと感じる事例を以下で紹介します。

希望と自身の市場価値にギャップがある

転職活動では知識よりも実務経験が必要とされます。
今とは違う仕事がしたいと思っても、経験が足りなければ、給与や待遇の現状維持は諦めるしかありません。

例えば、一流企業で働く方に多いのが、現職企業の待遇が普通だと思っている場合です。

大手企業ならではの分業化による業務のルーティン化やマンネリ化を不満に思い、転職を希望していながらも、給与は現状維持を希望しているといった場合、全ての希望を満たす転職は難しい可能性があります。

組織がしっかりしており手厚い待遇を受けられる企業は、日本企業400万社のうちの1%にもなりません。

中小企業に転職すれば幅広い業務を経験できるでしょうが、給与や福利厚生の現状維持はまず難しいでしょう。

転職により実現したいことが不明確である

転職するにあたり、現職での課題や転職によって叶えたい事を具体的に考えられていない場合も転職しない方が良いかもしれません。

友達より給料が低い、何となく残業が嫌、上司が嫌いなど、現職に対して漠然とした不満を持っていて、他の会社であればもっと良いところがあるだろうと他社にあこがれている場合は、一度転職活動をお休みする方が良いでしょう。

まずは、現在の課題とそれに対する自分の取り組みを振り返って、何を改善すべきか考えましょう。
考えたうえで、現職で出来る事は全部やったが解決できないと感じるのであれば、転職活動を始めましょう。

転職で実現したいことが明確になっておらず、転職の軸が定まっていないままでは、希望する転職ができる可能性はほとんどありません。
転職したとしても、転職先でもまた同じことを繰り返す可能性が高い為、もう一度立ち止まって考えてみましょう。

未経験の業種または職種への転職を希望している

今の業種、職種が自分に合っておらず、未経験業界への転職を考えている場合は、未経験の業界や職種で現在の年収を維持することは難しいという事をしっかり理解してから転職活動を始めましょう。

経験のない業務に就くのであれば、年収は下がるのは仕方がありません。
また、未経験の人を採用する場合、年齢が若い方が圧倒的に有利です。

転職活動が難航し長引いてしまう可能性もあるため、未経験業界や職種への転職は慎重に考えた方が良いでしょう。

どうしても挑戦したいのであれば、今の会社で人事異動を希望したり、少しでも経験の重なる部分があり、やりたい仕事も出来るような求人を探したりしみましょう。

中途採用者に求められることが理解できていない

中途採用で企業側が求職者に求めるのは即戦力です。
それを理解せずに、自分の希望ばかりを主張している場合は転職が成功する可能性は低いと言えます。

例えば、中小企業のバックオフィスで長く活躍してきて、大きな企業に転職したい場合です。

会社の大きさが違えば求められることも変わります。
それなりの規模の企業であれば、数年後にはマネージャー職など責任の大きなポジションにつく場合もあるでしょう。

そういった場合、残業はしたくない、土日は休みたい、転勤はしたくないなどの希望との両立はかなり難しくなるでしょう。

転職するべき人の特徴

現職企業では希望が絶対に叶わない

現職で、自分の希望とは違う業務をしていたり、働き続ける事にたいして何かしらの問題があったりする場合で、自分の力では解決しようがない場合は転職することでその問題を解決できる場合があります。

例えば、社内異動ができず自分が希望する業務につくことが出来ない、社員の離職率が高く売上も悪く企業として先が見えない、これ以上のスキルアップが望めない、もう学ぶことがないなど、自分の努力ではどうすることも出来ないような問題がある場合は、より生き生きと働ける環境へ転職することがおすすめです。

新しい仕事に挑戦したい場合などでも、自身でトレードオフがきちんと整理できており、それなりの覚悟があるのであれば思い切って挑戦してみるのも良いでしょう。

心身に不調が出て日常生活に支障をきたしている

仕事が原因で心身に不調が出ている場合は、今すぐに転職を考えましょう。

過度な長時間労働や、負荷の高い作業など、「仕事がしんどい」と自覚しているという事は、心と体から「休みたい」という危険サインが出ている可能性が高いです。

本当に体調を壊してしまってからでは、転職活動をしたくても思うようにできなくなってしまいます。

仕事に集中できなくなったり、特定の人と顔を合わせるのが苦痛に感じていたり、頭痛やめまいなど体調がすぐれないことが増えてきたら要注意です。

待遇が業界平均を下回っている

同じ業界の同年代と比べ大幅に給与や待遇が良くない場合は転職を考えても良いかもしれません。

同じような経験、スキルを持った人が、他の会社ではどの程度の待遇で働いているのかは一度調べてみると良いでしょう。

まずはコンサルタントに相談しましょう

転職するべきか、そうではないのか迷ったときは、まずはキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントに相談しましょう。

会社の同僚や友人、ネットの情報を頼りすぎるのは危険です。
偏った情報や考え方にとらわれすぎてしまい、間違った判断をしてしまう可能性があります。
同僚や友人からだけではなく、転職市場や業界のことなど幅広い知識と情報を持っているコンサルタントからも情報収集し、総合的に判断することが大切です。

ほとんどの転職エージェントは、登録するだけで無料で転職の相談に乗ってもらうことが出来ます。
自分が転職するべきなのか、しない方が良いのか迷ったときは、自分の市場価値や他社の状況を知るためにも、まず転職エージェントの話を聞いてみるのも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました