短所を長所に言い換える方法・例を紹介

tansyotyousyoiikae 仕事を探す

面接官が短所や長所を聞く意図

面接では質問の意図を理解し、答える必要があります。

転職活動において、面接で「あなたの長所・短所を教えてください」「あなたの強み・弱みは何ですか?」「自分はどのような性格だと思いますか?」などといった質問をされることがよくありますが、しっかりとした理由があるので確認しておきましょう!

採用担当者が応募者から面接で長所や短所を聞くことには、以下のような意図があります。

自分を客観的に自己分析出来ているか

面接官は、超茶や短所を質問することで、その人が自己分析をしっかり行っているかや、客観的な視野を持っているかを確認しています。

自分の性格を客観的に理解していることは、仕事をしていくうえで重要なことです。

なぜなら、短所の克服に向け努力したり、仲間とカバーし合ったりと対策を立てることができるからです。

採用担当者が短所を質問する時、その人にどんな短所があるのかとマイナスポイントを探して質問しているわけではありません。

その為、短所がないことがプラスの評価となるわけではなく、「短所はありません」と答えてしまうと「自己評価ができていない」と判断されてしまう可能性があります。

適正や会社にマッチしているか

長所や短所を面接官に明確にアピールできると、入社後の活躍イメージが伝わりやすくなります。

面接官は、応募者が募集している職種や会社の社風に合っているかどうかを見極める為にも、長所や短所についての質問をします。

例えば、営業職志望の人が「人と話すのが苦手」という短所を挙げていると少し不安に感じますよね。

早期退職を防ぐ為にも、応募者の性格が職種や会社にマッチしているのかどうかは、経験やスキルと同じくらい大切な選考基準であると言えます。

問題を解決するための思考力と行動力があるか

得に短所について話す時は、克服の為にどんな努力や工夫をしているかを伝えることが大切です。

なぜなら、自分の課題が何かを理解し、その課題を解決のために努力できることを考えているかが一つの評価基準となっている場合が多いからです。

面接で短所について聞かれた場合は、「短所を補うためにしていることはありますか?」と聞かれる場合もあります。

自分の短所を克服する為にどんな工夫が出来るのか考えて答えられるようにしておきましょう。

長所と短所の見つけ方

面接の準備で短所や長所を用意しておいた方が良いと分かっていても、「自分の長所と短所がわからない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

短所や長所が思いつかなくて困っている人は、以下で紹介する方法で自分の性格を考えてみましょう。

過去の実績から考える

まずは、今までに自分が達成したことから長所を考えてみましょう。

例えば、会社で所属するチームで目標を達成することが出来たとします。

その為に自分が努力したことやその場で活躍できたことは何だったでしょうか。

出来ることを自ら考え動いていたのであれば主体性、チームを引っ張っていたのであればリーダーシップ、自分の意見を進んで発表したのであれば積極性などを長所としてアピールできます。

家族や友達に聞く

自分の性格は自分ではよく分からないものです。

そんな人は、友人や家族に自分の長所と短所を聞いてみてはいかがでしょうか。

他人に聞くことで、自分では思いつかなかった意見が聞けることがあります。

可能であれば、なぜそう思ったのか理由まで教えてもらいましょう。

自分の性格を紙に書き出す

長所や短所に分類せず、思いつくままに自分の性格を紙に書き出してみましょう。

書き出した性格の中から、希望している職種に合っていると言われているものや、企業が求めているであろうものを選びます。

短所は長所に、長所は短所に言い換えることが可能です。

選んだひとつを短所、長所に言い換えて、面接での質問に答えられるように考えで見ましょう。

短所と長所は表裏一体

短所と長所は表裏一体と言えます。

転職活動で短所を話す際は、過ぎた長所が短所であると捉え、短所をポジティブに考えることが大切です。

長所や短所は、言い方一つで印象もかなり変わります。

まず一つの短所を挙げ、そこから視点を変えて長所を導き出すと、長所と短所を矛盾なく伝えることができます。

短所長所の言い換え一覧

「流されやすい」⇒「協調性がある」

立場が違う相手とも協力し合って仕事を進めることができますが、悪く言えば、自己主張が弱く人の意見に流されやすいとも言えます。

「心配性」⇒「慎重」

些細なことが気になって動き出すまでに時間がかかってしまう人も、慎重で準備を大切にする点を長所としてアピールできます。

「頑固」⇒「粘り強い」

頑固で人の意見を聞かないという性格は、言い換えれば他人の意見に左右されることなく自分が決めたことは最後までやり遂げる力があると言えます。

「飽きっぽい」⇒「好奇心旺盛」

好奇心旺盛で新しい知識や技術を覚えるのが得意な人は、一つのことに集中して長期間続けることが苦手な飽きっぽい性格とも言えます。

「マイペース」⇒「計画性がある」

周囲からマイペースだと言われる人も、自分なりにしっかりと計画をたてて仕事に取り組む人が多い為、仕事が忙しくなってきたときほど落ち着いて行動することが出来ます。

「計画性がない」⇒「臨機応変に対応できる」

計画性がなくいつもいきあたりばったりという性格は、裏を返せばどんな環境にでも臨機応変に対応してすぐに場になじむことが出来るとも言えます。

理屈っぽい⇒論理的

物事を論理的に考えて説明できるといった長所は、受け取り方によっては理屈っぽい印象を受けられる印象があります。

緊張しやすい⇒ 真面目

緊張しやすいといった短所も、しっかりやらなくてはといった責任感や、真面目な性格の為といえます。

まとめ

面接官は長所や短所に関する質問の回答から、自己分析ができているかや職種や会社にマッチしているかを判断しています。

長所と短所は表裏一体です。

短所はうまくポジティブに伝え、ネガティブな印象を残さないことがポイントです。

タイトルとURLをコピーしました