転職エージェントって何??転職エージェントを利用することのメリットとデメリット

meritdemerit 仕事を探す

「転職エージェント」とは、一般的に、新しく人材を採用したい「企業」と求職中の「個人」とをマッチングさせるサービスのことを指します。

転職を考えたとき、自分が応募したい求人を探す仕方はいくつか存在します。

例えばハローワークで紹介してもらえる求人や、企業が転職サイトに掲載している求人を見つけて応募することが出来ます。

転職したいと思ったとき、希望条件や自身の経歴、スキルに合う求人を自分で探し、たくさんの企業との面接日程を自分で調整し、面接を受けに行くとなると膨大な時間と労力がかかります。

転職エージェントを利用することは転職する方法の1つであり、個人で行うと手間のかかる求人探しや面接日程の調整、内定後のフォローまでの企業と個人の間に入って代行してくれるサービスです。

以下では、転職エージェントを利用して転職活動をするメリット・デメリットを紹介します。

転職エージェントを利用するメリット

まずは転職エージェントを利用するメリットを見ていきましょう。

転職活動において転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

無料で利用することが出来る

まず、転職エージェントは、基本的に無料で利用する事が出来ます。

転職先が決まっても決まらなくても、個人の負担は一切ないのが特徴です。

なぜなら、転職エージェントは人材を紹介し採用が決定した場合、その成功報酬として採用した企業から手数料を受け取ることで成り立っているからです。

個人には1円の負担もなく、実質リスクはないと言える為、とりあえず相談してみたいといった軽い気持ちで利用することが出来ます。

スケジュール調整をやってくれる

書類提出の期限や、面接の日程調整は、応募企業が増えれば増えるほど大変になります。

特に在職中に転職活動を行う場合は、このスケジュール調整がかなり面倒だったりします。

転職エージェントを利用すれば、求職者は自分の空いている日程をエージェントに伝えるだけで、あとはエージェントと企業が連絡を取り合って面接の日程を決めてくれます。

突然のキャンセルやリスケのお願いも直接応募先の企業に電話する必要がなく、ストレスも少ないです。

給料や入社時期の調整も可能

給料や入社時期などの交渉を転職エージェントに代わりに行ってもらえるのは、大きなメリットといえます。

特に給与の交渉については、より良い条件で入社したいと思うのは当然のことではありますが、自分で行うのは難しいですよね。

エージェントも求職者の想定年収が上がるほど、企業から受け取ることの出来る手数料も増える為、積極的に協力してくれる場合が多いです。

非公開の求人に応募が可能

転職エージェントには、一般的に世の中に出ていない、「非公開求人」というものがあります。

例えば、大手企業が役職付きのポジションに人材を採用したい時は、大々的に広告を打つことは避ける場合が多いです。

そういった「非公開求人」の約80%は転職エージェントが保持し、エージェントが適していると判断した求職者のみに公開しているのです。

気になる企業の雰囲気や裏情報を知れる

転職エージェントは、企業の人事担当や経営層とも直接話をし求人の募集条件を決めています。

その為、ネットで調べるだけでは分からないような情報を持っています。

いざ応募しようと思う企業がブラック企業ではないか、経営は安定しているのか、社内の雰囲気はどうか気になりますよね。

面接やネットの情報だけでは情報に限りがあり、入社してみないと分からないことはたくさんあります。

あらかじめそういった部分の不安を取り払うことが出来るのは、大きなメリットです。

これは自分で求人サイトを使った転職活動では知り得ないため、かなり大きなメリットと言えます。

思いも寄らなかった求人を見つけてくれる

転職エージェントに相談するうちに、初めは外せないと思っていた条件がどうでもよく思えてきたり、他に優先したい条件が出てきたりすることはよくある事です。

一人で転職活動をしていると、つい先入観やイメージで、応募企業を決めてしまいがちですが、転職エージェントは客観的な視点で、求人を紹介してくれます。

自分では思いもよらなかった業界や職種など可能性をさらに広げることが出来ます。

相談できる人がいる

転職活動において、応募先の企業からお見送りの連絡が来ると気分も落ち込んでしまいますし、途中で転職すること自体を諦めてしまう事もあるかもしれません。

転職の相談を会社の上司や同僚にするのも難しく、失敗したときのことを考えると友達にも話しずらいといった人も多いでしょう。

転職活動で悩んだ時や話を聞いてほしい時に、身内以外の第三者に相談できるのはメリットです。

さらに、面接対策や合格者の傾向などノウハウも教えてもらうことができ、より合格へと近づいていく実感が出来るでしょう。

入社後のミスマッチを減らせる可能性が高い

エージェントは常に求職者と企業のミスマッチを減らすように工夫し、求職者が転職後新しい会社で定着できるかどうかを重要視しています。

なぜなら、紹介した求職者が新しく入社した企業で早期に退職した場合、手数料の20~70%をペナルティとして返却することになっているからです。

高いコストをかけて採用した求職者が入社後すぐ辞めてしまっては、企業からの信頼も失ってしまいます。

転職エージェントを利用することで、より自分に合う求人に出会える可能性が増えるということになります。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを利用することでよりスムーズに転職活動を行うことが出来ますが、デメリットも理解して利用することが大切です。

学歴や社歴によっては応募できない企業がある

転職エージェントは企業が求める人材を紹介しなければなりません。

エージェントは、求職者がどれだけ応募したいと言っても、企業の求めるレベルに達していない求職者を紹介するわけにはいきません。

当然、求職者には「応募したが不採用だった」と伝えつつ、実際は応募されていなかったというケースも少なくありません。

合格できる求人しか紹介してもらえない

転職エージェントを利用して、中小企業から大企業に転職するのは非常に難しいと言えます

なぜなら、「社歴フィルタ」に引っかかることはもちろん、中途採用を減らす傾向にある大企業への転職は狭き門です。

エージェントは求職者を転職させなければ儲けにならない為、合格の可能性が低い求人を勧めることはほとんどなく、求職者が高い確率で内定がもらえると思われる企業を紹介します。

求職者の希望が高すぎる場合と判断する場合は説得し、応募する企業をある程度調整しているのです。

受けたい企業に強いこだわりがある場合や、レベルの高い企業に挑戦したい人にとって、転職エージェントはデメリットになる可能性があります。

エージェント都合で会社を紹介される

転職エージェントは企業から安定して求人を貰う為に、企業の採用担当者の要求に出来る限り応え、取引先の企業から信頼されなくてはなりません。

なかなか応募者が集まらない不人気の求人や、企業から「絶対に今年中に採用したい」などとプレッシャーをかけられている求人などがあった場合、そういった求人を求職者にあの手この手で勧めることがあります。

中には、その求職者に本当にその求人があっているのかどうかはお構いなしに勧めてくるなんてケースも充分考えられます。

紹介されるままに応募するのではなく、しっかりと自分で考えて、良いと思う求人を選ぶことも大切です。

短期決戦を要求される

応募者の活動状況や転職市場もよりますが、「3カ月以内に転職できない場合はサポート終了」など、転職エージェントのサービスを受けられる期間があらかじめ決められている場合があります。

エージェントからすると、なかなか内定が決まらない求職者や、良いところがあれば転職したいといった、すぐに転職する気のない応募者に時間をかけるくらいなら、すぐに決まりそうな応募者を優先したいのは当然とも言えます。

また、転職希望者が転職を渋っている場合には、早く転職するように急かすようなことを言われることも少なくありません。

その為、長期的に転職活動をしたい人には転職エージェントを利用するのは向いていないかもしれません。

エージェントによってスキルの差がある

どんなに実績のある転職エージェント会社であっても、結果は担当のエージェントの腕に大きく左右されます。

ベテランの担当者に当たれば、業界の動向や転職のテクニックに関する知識も豊富で、様々なアドバイスを受けることも出来ます。

しかし、入社間もない新人のエージェントに当たればそうもいきません。

売り上げのことだけを考えて、求職者の望まない転職を無理やり勧めるエージェントも何人も見てきました。

自分の為にならないと感じたら、エージェントを変えて貰うよう伝える勇気も大切です。

エージェントとのコミュニケーションが必須

転職エージェントを通して転職活動を行う場合、企業との連絡を全て任せておける一方、担当のエージェントとはこまめに連絡を取っておく事が必須です。

転職エージェントとのやりとりに多くの時間を費やすことにもなる為、そのやり取りが面倒に思えてしまう場合もあるかもしれません。

転職エージェントは多くの求職者を担当し、あなたの転職活動だけをサポートしているわけではありません。

連絡が遅い、折り返しの電話がない求職者を、一生懸命手伝いたいと思うエージェントはいないでしょう。

まとめ

転職エージェントは、あくまでも転職活動の仲介役であり、内定を保証するものではありません。

応募する求人を選び、履歴書や職務経歴書を作成し、面接を受けるのは自分自身です。

自分の担当となった転職エージェントがどんなに優秀な人であっても、実際に転職しようとしている人が自分の転職を他人任せにしていては、内定を取ることは出来ません。

転職エージェントはあくまで転職活動のサポート役であると考え、大切なのは自分で内定を勝ち取る努力を怠らないことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました