技術者派遣とは?派遣で働くメリットデメリットについて解説!

仕事を探す

エンジニアの方が転職を考えた際、選択肢の一つに”派遣”という働き方があります。

近年エンジニアの需要も増えていることから、技術者派遣という働き方は一昔前に比べて一般的になってきました。

技術者派遣を取り扱う企業は多数ありますが、企業を選ぶ際には注意したいポイントも多く、慎重に検討する必要があります。

このページでは派遣社員のメリットやデメリット、派遣会社を選ぶポイントなどを紹介します。

技術者派遣とは

技術者派遣とは、「技術者派遣」は「エンジニア派遣」ともいわれますが、派遣会社がエンジニアを自社の社員として雇い、企業に派遣する業態のことです。

大手メーカーやIT会社は、人件費を削減するために、実際にモノづくりを行うエンジニアは派遣会社に外注することが多いです。

技術者派遣の種類

技術者派遣としての働き方は、「登録型派遣」と「常用型派遣」の2種類に分かれます。

技術者派遣として派遣される技術者は、ほとんどの場合「常用型派遣」といわれる形態で派遣会社に正社員または契約社員としての雇用されています。

この仕組みは少し複雑で違いがわかりにくいため、以下で詳しく解説します。

登録型派遣

登録型派遣は、求職者が派遣会社にエントリーし、派遣会社からお仕事を案内され雇用契約を結ぶ形態です。

派遣先での就業期間が終了したら雇用契約は終了となります。

一度の雇用契約が終了した後に、同じ派遣会社からまた別の派遣先へに派遣される場合は、改めて派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。

単発の仕事も多く、学生がアルバイトで利用することも多いです。

常用型派遣

常用型派遣とは、派遣会社が常時雇用する社員を企業に派遣する形態のことです。

派遣先での就業期間が終了してからも派遣会社との雇用関係は続いたまま新たな企業に派遣されます。

従業員の定着や技術力向上のために、派遣会社が率先して研修などを行っている場合も多く、そういった機会を利用することも可能です。

また、新たな派遣先が見つからない間も、派遣会社から給与が支払われます。

技術者派遣とSES契約の違い

SESとは、システムやソフトウェアの開発・保守・運用における委託契約の一種で、社員を企業に派遣する技術支援サービスのことを指します。

SES企業はクライアントが求めるスキルを持つ人をアサインすることが義務となります。

プロジェクトの規模によってチームで派遣されることが多いですが、プロジェクトの規模が小さければ1人で派遣されることもあります。

指示命令権はSES企業にあるため、休日出勤・残業などの命令はクライアントにはできません。

SES企業はクライアントに労働力を提供することが義務であり、成果物に責任を負う必要がない為、プロジェクトの納期が迫っているからといって極端な残業などが発生しにくいのがメリットです。

現在では、IT企業の多くがSESという契約を利用しています。

技術者派遣と請負契約の違い

請負契約は、成果物に対して代金を支払う契約形態のことを言います。

そのため、成果物が不良品だったり、納期遅延があった場合には責任を取らなくてはなりません。

発注した仕事を期日を守り依頼通りに完了させて初めて、報酬が発生する契約形態と言えます。

指示命令権もクライアントではなく雇用先の企業にあり、請け負った仕事に対する人員管理やスケジュール管理はすべて請負元企業が決めます。

外部に業務を依頼する委任契約や派遣・SESと混同されることもありますが、双方の主な違いとしては、委任契約は労働力に対する報酬があるのに対し、請負契約は成果に対する報酬があることが大きな違いです。

技術者派遣で働くメリット・デメリット

正社員ではなく派遣会社で働くことを選ぶ際、不安に思うことも多くあるでしょう。

派遣という働き方にはデメリットもありますが、メリットも多くあります。

自分の理想の働き方やキャリアのイメージと照らし合わせて、優先順位を明確に付けることが大切です。

技術者派遣で働くメリット

派遣で働くことのメリットとして、正社員よりもより柔軟な働き方ができることが挙げられます。

また、技術者として、様々な環境で幅広いスキルを身に着けることができることも正社員にはないポイントです。

1.ライフスタイルに合わせて働くことができる

派遣先の企業にはよりますが、正社員よりも派遣の方がライフスタイルに合わせて柔軟な働き方が出来る場合が多く、プライベートの時間を優先したい人にとっては働きやすくなることが多いです。

育児や介護などで正社員として働くのが難しい場合でも、技術者派遣であればスケジュールを調整するなどして無理なく働くことが出来ます。

PCさえあれば自宅でも出来る仕事も多く、就業時間や就業場所などが比較的自由で、実際、正社員よりも気軽に働ける派遣社員を選択をする人は増えてきています。

2.様々な環境でスキルアップできる

技術者派遣は契約期間が終われば次の現場に移り新しい契約を結ぶことになる為、複数の職場を転々とすることになります。

そうすると必然的に契約のたびに業務の内容も変わり、次々に新しい技術に携わることができます。

同じ会社で会社で同じの人から指導を受けるのではなく、様々な場所でより多くの人と関わることで、多様な価値観や技術を学ぶ機会を得られることはメリットといえます。

自然と一緒に仕事をする人や出会う人の人数が増えていき、人脈も広げることができます。

また、正社員で働く場合は、昇給するにつれ仕事内容は技術的なものから管理的なものへと変化し、実務と離れていきがちですが、派遣では技術のプロとしてキャリアアップすることができます。

その為、技術者としてスキルアップしたい人には向いているといえます。

技術派遣で働くデメリット

正社員とは経験できる仕事が違う為、キャリアとして弱く、次に転職する際に評価されにくいこともあります。

自分のキャリアプランと照らし合わせて慎重に考える必要があります。

1.雇用が不安定

正社員よりも比較的自由な働き方ができる派遣社員ですが「非正規雇用」であるため雇用に不安を持つ人は多いでしょう。

「派遣切り」という言葉があるように、派遣されているエンジニアは、必要であれば正社員よりも優先的にリストラに合う可能性が高いです。

派遣の場合、雇用契約期間は1〜3年程度になることが多く、自分にあっていると思う仕事に出会えても、契約期間が終われば次の仕事を探さなければなりません。

新しい現場に移ることは免れない為、環境が変わることでストレスを感じる人もいるかもしれません。

2.責任のある業務を任されにくい

派遣社員は、実際に派遣されるクライアント企業で仕事をする中では弱い立場にあることが多く、重要な業務を任されることが少ない傾向にあります。

派遣先企業の若手の正社員が責任ある大きな仕事を任せられている中で、派遣社員の業務は彼ら支援が中心となります。

たいていの場合、そのプロジェクトの核の仕事は任せてもらえないことが多く、時には自分より若い人の補佐として働くこともあるでしょう。

人によってはモチベーションを保つことが出来ず、技術力をブラッシュアップができない人もいるかもしれません。

重要な業務をやり切ればキャリアにおいても大きな成果といえますが、その機会が極端に少ない為、給与も上がりにくいです。

派遣社員で技術力を身に着け、そのスキルを武器に正社員に転換または転職を狙うのも良い戦略といえます。

技術者派遣の単価

専門的なスキルを持つ技術者は企業からのニーズが高く、派遣の中でもエンジニアの平均単価は高くなっています。

エンジニアの為に企業が派遣会社に支払う単価は、事務職のおよそ3倍と言われています。

職種に関係なく案件の単価が高いのは上流工程に携われる案件で、中でもITエンジニアは高単価を更新し続けていて、正社員より稼ぐ派遣社員も珍しくありません。

例えば、ITエンジニアの場合の時給は、Web・スマホ系システムエンジニアやネットワークエンジニアで2,500円、データベース系システムエンジニアが2,200円、テスト・評価が1,700円程度が相場となっています。

リーダーやプロジェクトマネージャーになると、時給5000円以上で働くこともあります。

技術者派遣会社を探す際の注意点

同じ就業先で同じ仕事をしていても、雇用されている派遣会社によって条件が違うことがあります。

派遣会社を探す際には細かい条件や実際に働いている人をしっかり確認しておきましょう。

1.就業条件が希望に合うか

派遣社員に限ったことではありませんが、就業条件は事前にしっかり確認しておきましょう。

上で説明したように、登録型なのか常用型なのかといった雇用形態についての確認はもちろん、派遣なのか、請負なのかといった契約内容も理解しておくようにしましょう。

仕事内容や、給与、休みなど正社員では常識と思っていたような事とは異なる部分もある場合が多い為要注意です。

特に給与は、交通費が出るかや賞与が出ないことも多い為、しっかりと確認しましょう。

基本給だけを見て判断しないことが大切です。

2.担当コーディネーターとコミュニケーションが取れるか

派遣として働いていると、派遣先トラブルが起こることも想定されます。

そんな時に頼りにしたいのが担当のコーディネーターです。

担当コーディネーターがしっかり話を聞いてくれるか、真摯に対応してくれるかどうかは、働きやすさにおいて重要なポイントと言えます。

中には、派遣社員の就業先が決まるとその後は放ったらかしで、何のフォローもないといった担当コーディネータもいるため、些細なことでも気軽に相談できる人物かどうかは事前に確認しておきましょう。

まとめ

エンジニアの需要は年々増加していて、それに伴って技術者派遣という働き方も一般的となってきています。

正社員よりも柔軟な働き方ができる一方、中には正社員以上の金額を稼ぐ人もいます。

注意したいポイントをおさえ、慎重に検討することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました