外資系企業って何が違う?外資系企業で働くメリットや向いている人について解説

仕事を探す

転職先を探す際、「外資系企業で働く」ことも選択肢の一つです。

しかし、自分は外資系企業でやっていけるのか、適性があるのか気になってしまいますよね。

今回は、外資系企業で働くことのメリットデメリット、注意点について紹介します。

外資系企業とは

外資系企業とは、「外国の企業や個人が一定以上の出資をしている企業」のことです。

日本の企業だと思っていたら実は外資系だったということも珍しくありません。

応募の前に、企業の資本をチェックしておくことが大切です。

資本の状態によって、外資系企業は以下の3つに分類することが出来ます。

100%外国資本

海外の企業が日本に進出したケースです。

外資系企業の100%子会社もこれに含まれます。

Googleや日本IBM、インテル、日本マイクロソフトなどがこれに当たります。

本社とのやり取りのため、英語力が必要な場合が多いです。

日本で会社を設立しているわけではなく、あくまでアジアにおける拠点のひとつとして支社を出す形態の場合もあります。

外国企業と日本企業の合弁会社

基本的には多く出資しているほうに決定権があるため、外資比率が半分以上の場合は外国主導の経営だといえます。

富士ゼロックス株式会社、日本マクドナルド株式会社、味の素ゼネラルフーズなどがこれにあたります。

外国企業の買収による資本参加

外国企業が日本企業を買収するケースです。

基本的に主導権は買収した海外企業に移り、文化が急にガラッと変わることもありますが、経営が日本主導のままという企業もあります。

日産自動車やシャープ、ラオックスなどがこれにあたります。

外資系企業で働くメリット

漠然と外資系企業へのあこがれはあるものの、様々なイメージから実際のところはどうなのだろう…という不安がある人もいるでしょう。
ここでは、外資系企業で働くメリットと注意点についてご紹介します。

実力次第でですぐにキャリアアップできる

日本の特に大手~中堅企業では、今でも年功序列による人事評価制度を採用している企業が多くあります。

外資系企業で評価されるには、年齢や社歴、性別は全く関係ありません。

女性であることや若いことが、出世や昇給に影響を与える事はほとんどなく、年功序列の概念もありません。

若くても、社内でしっかりと成果を上げることが出来れば評価され、次々に重要なポジションを任されるチャンスを貰えます。

もちろん評価に応じて報酬も上がります。

優秀な人材であれば、ライバル会社へ転職させないように、高い年収を支払って囲い込むことも少なくありません。

日本のように、丁寧な研修やメンター制度などがない場合が多く、入社した段階からある程度の裁量権を持って働ける場合が多いので、やりがいも大きくなりますね。

語学力が向上する

社内の公用語が英語だったり、上司や同僚が多国籍の人だった場合は、必然的に英語と関わる機会が増えます。

語学力に自信がない人は始めは大変なことも多いかもしれませんが、こういった環境に身を置くことで自然と語学力を向上させることが出来るでしょう。

自分の仕事に集中できる

日本の企業に比べて、外資系企業はみんなで頑張るというよりも一人一人が自分の業務を確実にこなそうとする傾向にあります。

その分責任は大きいですが、優秀な人にとっては他人のフォローで時間が奪われることもない為、自分のやるべき仕事に集中することができます。

自由度が高い

外資系企業では、多様な価値観を持つ人が働いているため、社員ひとりひとりが自分に合った働き方が出来るよう、フレックスタイム制やテレワーク、在宅勤務などをいち早く導入している企業が多いです。

有給休暇や長期休暇も取りやすく、出社時間などにおいても比較的自由度が高い傾向にあります。

自由な雰囲気は社員の自主性を重んじる風潮の表れでもあります。

その分、自分で自分をマネジメント出来る人でなければ、厳しい部分もあるようです。

仕事とプライベートは別

外資系企業では、年功序列や終身雇用の考え方がない為、仕事とプライベートをまったくの別物として考えることが多いです。

仕事が終われば自分の時間というのが基本的な文化として根付いている為、業務後の飲み会などでは日本の企業に比べるとフラットな関係で楽しむことが出来ます。

上司からの誘いは絶対に断れないという文化もないので、付き合いで気分の乗らない飲み会に出席するといったことも少ないでしょう。

仕事とプライベートはしっかり分けて、仕事仲間とは程良い距離感を保つことができます。

スペシャリストを目指せる

日本の企業では社員をジョブローテーションさせ、ゼネラリストを目指すことが一般的ではありますが、外資系企業は、入社後に本人の希望なしにポジションチェンジされることはほとんどありません。

ポジションチェンジを希望する場合は、ゼロからのスタートとなり、キャリアがリセットされます。

外資系企業は日本の企業よりも、専門を極めスペシャリストとしてキャリアアップするといった働き方なので、1つのことを極めたい人にはうってつけの環境と言えるでしょう。

外資系企業に向いているのはこんな人

外資系企業で働くことは、日本の企業とは文化が異なるため、向き・不向きが顕著に表れる傾向にあります。

では、どんな特徴を持つ人が外資系企業に向いているといえるのでしょうか。

語学力のある人

外資系企業で働くと言っても、全てのポジションで語学力が必須となるわけではありません。

なかには、メンバーがほとんど日本人のみで構成されていて、日本語で業務を進めることの出来る部署もあります。

しかし、外資系企業の中でどんどんポジションを上げていきたいと考えている人にとっては語学力は必須となってきます。

外資系企業で昇進していくには、海外にいる役員などとコミュニケーションが取れるだけの語学力が必要になります。

部下を持つことになれば、語学力があるのとないのとでは、その幅も大きく変わってきます。

スキルアップに貪欲な人

日本の企業では、一度正社員で雇用されると、よっぽどのことがない限りクビにはなりません。

しかし、外資系企業は実力主義の為、成果が出せない、スキルアップできない社員に対しては、改善プログラムを実施が嫉視され場合によっては退職も検討させることになります。

外資系企業には、そういった自身のスキルアップに貪欲なタイプの人が多く、常に向上心を持って働けるかどうかがポイントとなります。

気を抜けば、同僚や後輩にすぐに追い抜かれてしまいます。

常に成果を求められる環境の為、プレッシャーに強い人の方が向いています。

はっきりと意見を言うことが出来る人

外資系企業には、違う文化を持った、いろいろな考え方の人が働いています。

そのため、自分の意見や考えは、はっきりと言葉にしなければ伝わらないのが当たり前です。

日本では、ある程度空気を読んで察してくれる場面も多いですが、外資系の企業ではそういったことは期待しない方が良いでしょう。

人の意見に流されず、自分の意見を主張しながら周りと上手くコミュニケーションをとっていく事が、外資系企業で働くうえで大切となります。

柔軟な対応ができる人

日本ではミスをしないことが良いこととされるのが一般的ではありますが、外資系企業では、ミスをしない事よりも以下にミスをリカバリするかの方が重要視されます。

失敗を恐れてチャレンジしない人よりも、何かしら問題が起こったとしても、問題に対して柔軟に対応できる人は評価される傾向にあります。

また、外資系企業では国籍や宗教など価値観の異なる人がたくさん働いていて、意思決定も早い為変化の多い環境です。

そのような環境で上手く立ち回るためには、柔軟な考え方は必要不可欠である言えます。

主体性のある人

外資系企業は、意外にも上司の命令は絶対という文化があります。

上司に気に入られることが、職場を自分にとって働きやすい環境にする第一歩なのです。

上司は何が好きで何が嫌いなのか、仕事の進め方やコミュニケーションの癖を把握しておいて、先回りで気を配ることが大切です。

自分がどんなふうに動けば、上司が仕事をしやすいかを常に考えて自ら行動しなければなりません。

その為、指示をもらって働きたいという人よりも、積極的に仕事を取りに行く、自分で仕事を作ってしまうような人で、それを楽しむ事ができる人でなければ、外資系企業では生き残れないでしょう。

自分をアピールできる人

保守的で受け身な言動は、外資系企業では好まれません。

外資系企業で昇給する為には、自分を上手くアピールすることが必須です。

謙虚なことが評価される日本とは異なり、とにかく積極性が好まれるため、自分の実績や成果は必ずアピールするようにした方が良いでしょう。

実力で勝負したい人

外資系企業で社歴よりも実力が重視されます。
性別も年齢も関係なく、入社したばかりで若くても実力があれば重要なポジションに抜擢されることもあります。

実力主義の環境で自分の能力を試してみたいと感じている人にとっては、外資系企業で働くことは良い刺激になるはずです。

外資系企業に応募する際の注意点

収入が不安定

成果が給与に直結するため、成果を上げれば昇給しますが、そうでなければ当然ながら降級となることもあり得ます。

多くの会社がインセンティブ制度という、成績によって歩合給が支給される給与形態をとっていますが、このインセンティブ制度により年収は大きく左右されます。

自分の仕事の成果が目に見える形で評価されるのは、実力主義の醍醐味でもありますが、上手く結果が出せなかった時などは収入がガクンと大幅に下がってしまう事もあります。

事業が撤退する可能性がある

外資系企業の本社は海外にあり、本社が最終的な意思決定権を持っています。

例えば、本社が日本から事業を撤退することを決定すれば、日本で働いているスタッフは、急にポジションがなくなってしまうといったこともあります。

研修やマニュアルがない

外資系企業は、日本の企業よりも中途入社の社員を「即戦力」として扱う傾向が強いです。

丁寧な研修や、メンター制度といったフォローがない企業もあり、仕事は自分で取ってくる姿勢がより求められます。

また、プロセスよりも結果を重視する傾向にあるため、業務がマニュアル化されていないことも多く、どんな方法でも結果が出ればOKといった風潮が強いのも特徴です。

こういった文化は、合わない人にはとことん合わないので、事前にしっかり確認しておく必要があります。

まとめ

外資系企業と一括りに言っても、業界や職種はさまざまで、会社によっても独自の雰囲気や価値観を持っていることがあります。

日本に比べると実力主義であるという基本的な部分は大きく変わりませんが、会社によって働き方の自由度や、個人を重視するかチームを重視するかといった価値観は異なることがあります。

その為、一部の外資系企業のイメージで転職をあきらめてしまうのは非常にもったいないです。

また、一般的に外資系企業のメリットとされることが、すべての外資系企業ににあてはまるとも限りません。

実際に気になる企業について調べてみて、自分に合った外資系企業があるかどうかを見極めることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました