営業職に向いているのはこんな人!営業職に転職する際に知っておきたいこと

仕事を探す

転職活動を始めようと求人票を見ていると、募集している多くの職種が”営業”であることに気付く人もいるでしょう。

転職において未経験、経験者に関らず営業職への転職は非常に多いです。

しかし、その分営業職の転職で失敗する人も多く、定着しにくい職種であると言えます。

その反面、しっかり努力すればかなりの収入を期待することも出来ますし、工夫次第で仕事を楽しむことが出来るのが営業職です。

営業職の仕事内容

営業は、商品やサービスを個人や法人に売る仕事です。

自分の会社の商品やサービスに興味を持ったお客さんを契約を交わし売上を上げていきます。

商品を売るための交渉術や、人と信頼関係を気付いていくスキルが必須となります。

1.新規顧客の開拓・信頼関係の構築

営業は、相手に自社の商品を知ってもらい、その後も継続的に信頼関係を構築していかなくてはなりません。

まずは、商品を購入してくれる顧客を探すところから始まります。

顧客になりそうな企業や個人宅に電話を掛けたり直接訪問をしたりして、自社の商品に興味を持ちそうな顧客を探します。

顧客が商品に興味を持ってくれたとしても、その場ですぐに契約が取れることはほとんどありません。

まずは、会社や自分自身の紹介、商品やサービスの簡単な説明をし、複数回訪問を重ねてから初めて本格的な商談が出来る事の方が多いです。

商品を売ってお金をいただくことが営業の仕事ではありますが、決して押し売りはせず、相手との信頼関係を築いていく事がポイントです。

顧客から「あなただから買うよ」と言ってもらえるくらいの信頼関係を気付くことが重要です。

2.見積り・プレゼンテーション

必ずしも営業職が従事する仕事であるとは言えませんが、大きなプロジェクトであったり、商品の単価が高い場合は、見積りやプレゼンテーションといった過程が入る場合があります。

見積もりでは、どの商品にどのくらいの費用が掛かるのかを、明確に説明することが大切です。

顧客にしっかり納得してもらい、後々のトラブルを防ぐ為にも、見積りは非常に重要なパートです。

プレゼンテーションは自社の商品を顧客に知ってもらうために用意された絶好のチャンスです。

相手がどんな情報を求めているのかをしっかり見極め、準備することが大切です。

華やかで目立つ仕事のように見えますが、実は何よりも準備や下調べが大切な仕事です。

3.受注・発注

契約が取れたら、必要な商品の数量や納期の確認をし、発注を行います。

スケジュールの管理や在庫管理は営業ではなく別部署で行うことが多いですが、しっかりと納期を守って正しい商品が顧客のもとに届くよう責任を持って最後まで取組みましょう。

発注ミスや納品遅れは、一気に信頼をなくしてしまう原因でもありますので注意が必要です。

4.納品・アフターケア

商品を実際に納品したり、万が一商品に不具合があった時などの対応も営業が行う場合があります。

他社との差別化を図るため、商品を売るだけでなく、その後のメンテナンスやケアの部分に注力している会社は非常に多いです。

アフターケアを通して、顧客との関係性も途切れさせないように行動することも大切です。

営業に向いている人の特徴

営業職への転職は失敗する人も多く、向き不向きの大きな職種とも言えます。

転職に失敗しない為にも、自分が営業職に向いているのかどうかは事前にチェックしておきましょう。

ストレス耐性のある人

飛び込みの訪問や電話では、営業はどうしても煙たがられてしまう事も少なくありません。

中には強い言葉で追い返されるといったこともあるでしょう。

他人と信頼関係を構築していく事も簡単なことではありません。

会社の顔として前線で働く以上、感謝の言葉だけでなくもクレームも営業が一気に引き受ける事となります。

前向きに気持ちを切り替えて仕事が出来る事が非常に大切です。

また、ストレスのかかる仕事だからこそ、適度に力の抜き方を知っている人の方が良い結果を残せたりもします。

粘り強く頑張れる人

多くの会社で、営業にはノルマが課せられていて、それを達成することが求められます。

思うように売り上げが上がらないと、落ち込んでしまったりやる気がなくなってしまう事もあるでしょう。

安定して売り上げをあげられるようになるのがベストですが、入社してすぐにはそのように上手くはいきません。

そんなときでも諦めずに目標に対して粘り強く頑張れるかどうはは非常に重要です。

失敗を糧に努力と工夫を重ねていける人でなければ、営業として活躍するのは難しいでしょう。

計画力・実行力のある人

営業はノルマや目標は設定されてるものの、それを達成するための過程は自由に出来る事が多いです。

その分、目標を達成する為にはいつまでに何をしなければならないかを自分なりに計画を立てて実行していく事が大切です。

何も考えずにやみくもに営業をかけていては目標を達成するのは難しいでしょう。

売上を上げる為のプランを練る為の計画力、それを確実に実行していくための実行力と精神力が大切です。

人とコミュニケーションをとるのが好きな人

商品を売る仕事とはいえ、商品な話ばかりしていれば容易という訳ではありません。

信頼を得る為に。自分のことを話したり、相手の困りごとや要望を聞き出したりするスキルが必須となってきます。

しかし、決しておしゃべり上手な人だけが活躍できるわけではありません。

聞き上手な営業マンほど結果を残せるといった研究もあるように、相手の話をしっかり聞き、的確な返答が出来る事が大切です。

営業職に転職するメリット

収入が良い

他の職種と比べると、営業職は比較的収入が高いことが多いです。

同じ会社同じ年齢でも、営業職であれば営業手当がもらえるなど、他の職種よりも報酬が良いこともあります。

また、売り上げをあげればあげるほど、その分が歩合給として給与に反映されることも多く、努力次第で収入を上げやすい職種と言えます。

人脈ができる

日頃から多くの人と接する営業は、その分出会いも多くあります。

普段では出会えないような人とも出会うことが出来るのは営業職の魅力の一つと言えるでしょう。

時に人脈は収入よりも重要です。

営業職に就く際は、誰に向けて営業する仕事なのかを重要視しましょう。

自分がどんな人と出会いたいのかを考えて、業界や商材を選ぶことも大切です。

キャリアアップしやすい

人間関係を築くのが得意となれば、起業という道も生まれます。

また、会社外の人間と関わる機会も増える為、引き抜きなど他社の会社から声がかかることも予想されます。

同じ会社にいたとしても、営業職は比較的出世しやすい傾向があります。

会社の最先端で顧客の動向を探りながら働いてきたからこそ、将来的に会社全体を見渡せる役職に抜擢されることも多いようです。

まとめ

営業職は募集の数も多く、未経験で応募することの出来る求人もたくさんあるため、転職を考えたとき受ける職種の候補に入る人も多と思います。

大変なポジションではありますが、頑張った分だけ成果が目に見えて分かる仕事が好きな人には向いている仕事と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました