増加し続ける第二新卒歓迎求人 第二新卒で転職する際の注意点とは

仕事を探す

中途採用の求人を探していると、「第二新卒歓迎」という言葉を目にします。

最近では、第二新卒を積極的に採用する企業が増えてきていると言われますが、第二新卒とはそもそも何なのでしょうか。

また、第二新卒での転職を成功させるためのポイントについて解説します。

そもそも第二新卒とは

実は、「第二新卒」という言葉には明確な定義はありません。

第二新卒歓迎の求人を出している企業でさえも、第二新卒を明確に定義していることはほとんどありません。

一般的には、新卒から3年未満程度の求職者を指すことが多いです。

多くの場合は、4年制大学を卒業し、3年程度社会人経験を積んだ25歳前後の人材が「第二新卒」と呼ばれるということになります。

最近では、第二新卒歓迎の求人を出す企業が増え、第二新卒の需要が高まっていると言えるでしょう。

なぜなら、売り手市場の採用市場で、新卒の学生の採用が難しくなっているからです。

特に中小企業では深刻な問題になっていて、新卒採用の不足分を補填する為に第二新卒を採用に力を入れているのです。

同時に、新卒入社の社員の3年以内離職率の高さも、第二新卒の転職が増えている要因の一つとなっています。

求職者が第二新卒で転職するメリット

違う職種や業界に未経験で入社出来る

中途採用は本来であれば即戦力を求めて採用されるため、ある程度の経験やスキルを問われるため、転職先は今までの経験を活かすことの出来る類似した職種や業界に限られます。

しかし第二新卒であれば、多くの場合ポテンシャル重視で選考が行われます。

新卒採用できなかった分を補う意味合いが強い為、第二新卒に対して即戦力を求める企業はほとんどありません。

第二新卒の採用は中途採用に分類されるものの、実態は中途採用と区別され、経験やスキルは重視されない傾向があります。

その為、第二新卒歓迎の求人は未経験でも応募可能なものが多く、普通の中途採用と比べると、選べる職種や業界の幅が広いと言えます。

より自分に合った企業に転職できる

新卒の就職活動は、これまで社会人として働いた経験がない為、自分にどんな環境が合っているのか、どんな仕事が向いているのか、いまいち見極められないまま就職してしまう場合がほとんどです。

また、初めての就職活動で失敗してしまい、希望の企業から内定をもらえなかった方もいるかもしれません。

しかし、数年企業で勤務したことにより、業界や職種に関する知識、自分が向いている仕事やそれをする為に必要なスキルについての知識などがつき、職務経歴書や履歴書も新たな視点から作成することが出来ます。

その為、今勤めている会社や新卒のときに希望していた会社よりも、条件が良く自分に合った企業から内定をもらえるかもしれません。

第二新卒で転職する際の注意点

第二新卒で転職する際に、リスクとして理解しておきたいのは、早期退職はマイナスイメージになるということです。

第二新卒で転職するということは、一度務めた会社を3年以内という比較的短期でに辞めてしまうということです。

中途採用において、短期離職の経験がある求職者は「また転職されてしまう可能性があるのではないか」と嫌厭されがちです。

第二新卒とはいえ、最初の企業で何も実績を残していない、社会人としての基本的なマナーを身に付けられていない人材であれば、新卒を雇ったほうがよいと判断する採用担当者もいるかもしれません。

また、第二新卒として転職した会社が合わず再度短期で離職してしまった場合、履歴書で経歴を見たときに短期離職を繰り返している印象を与えてしまう為、信頼を勝ち取るのは難しくなってしまうかもしれません。

企業が第二新卒を採用するメリット

新卒と比較した場合のメリット

まず、第二新卒は新卒と比べると、社会人経験があります。

2,3年企業に勤めた程度では即戦力となるような実務的なスキルは持っていないことが多いですが、基本的な社会人マナーやビジネスにおけるコミュニケーションの方法などは身に着けた状態であると言えます。

その為、第二新卒を採用する場合、新卒を採用した際に必須となる社会人基礎の研修を受けさせる必要がありません。

その分企業は、人材の研修に係るコストと時間を大幅に節約することが出来るのです。

また、第二新卒は短期間ではありますが社会に出た経験があるため、新卒よりも慎重な選択を行う傾向にあり、学生よりも明確なビジョンや目的を持って転職活動を行います。

その為、採用担当者は、求職者が自社で活躍するイメージを持ちやすく、ミスマッチを減らすことができます。

中途採用と比較した場合のメリット

一方で、30代以上の求職者と比べた場合、第二新卒にはより将来性があると言えます。

その為、第二新卒は将来的な会社の資産として位置づけられ、長期間継続して勤務し会社に貢献することが求められます。

長期間同じ会社で経験を積んだ中途入社者は、その会社のルールや慣習、仕事の進め方が染みついていて、なかなか新しい会社になじめないことがあります。

第二新卒であれば、別の会社に染まり切っていない第二新卒の方が、新しい職場のルールにも柔軟に対応することができ、今後自社に忠誠心を持って働いてくれるといったイメージがあるのです。

第二新卒での転職を成功させるために

基本的なスキルや将来性をアピールする

第二新卒での転職は、社会人経験が短いため、功績や成果を数値化してアピールするのは、どうしても内容が薄くなってしまい難しいです。

第二新卒の転職では、上で紹介した「企業が第二新卒を採用するメリット」を利用するのが効果的です。
1つ目は、基本的な社会人スキルを身に着けているという事、2つ目は将来性です。

基本的な社会人スキルは、書類の書き方や、面接でのコミュニケーションの取り方などから判断することが出来ます。

基本的な社会人マナーを今一度確認し、社会人として問題なく活躍出来る事をアピールしましょう。

将来性をアピールするためには、自身のキャリアについてしっかり計画していることを伝えるのが効果的です。

その為には、「なぜ転職するのか」「なぜうちの会社を選んだのか」にしっかりとした回答ができるように準備する必要があります。

自分が将来なりたい姿はこうであり、その為にこの仕事に就きたい。と明確に伝えることができれば、採用担当者は、「この人は新しい環境で頑張ってくれそうだ」と思うでしょう。

退職理由はポジティブに

第二新卒の場合、退職理由の伝え方には最新の注意を払う必要があります。

なぜなら、第二新卒=短期離職でもあるからです。

採用担当者は、短期離職の経験のある求職者に「またすぐにやめるのではないか」という懸念を抱いています。

そのため、求職者の退職理由が自社でも同じことが起こり得ないかどうかをとても気にして選考を進めます。

退職理由を伝える際には、なるべくポジティブな言葉に言い換えて、前職の不満や愚痴を言っているような印象を与えないよう注意しましょう。

▼ネガティブな→ポジティブ言換え例▼

飽きた → 新しいことにチャレンジしたい
残業が多い → メリハリをつけて仕事がしたい
人間関係が合わない → チームワークを重視したい
ノルマが厳しい → 1人の顧客とじっくり向き合いたい
など

在職中に転職活動をする

第二新卒が自信を持って選考に臨むために、今の会社を退職する前に転職活動をしておくこともポイントの一つです。

会社を退職してから転職活動をすると、転職活動が思いのほか長引いてしまったとき、貯蓄の少ない20代であればなおさら、生活が困窮してしまうかもしれません。

そういった状況に陥ってしまうと、離職期間が長くなって転職に不利になってしまったり、焦って転職先を決めてしまったりなど転職が失敗してしまう可能性も高くなってしまいます。

また、後先考えずに仕事を辞めたといった印象を持たれ、「何か嫌なことがあったから無計画に退職したのではないか」と思われてしまう事もあります。

採用担当者にそういったイメージをもたれてしまっては、転職活動もなかなか上手くはいきません。

まとめ

現在、3年以内離職者も多く、第二新卒を新卒と同じくらい重要視している会社も多いため、新卒で失敗してしまった人も再チャレンジする為のチャンスとして第二新卒カードを活用する求職者も増えています。

経験やスキルが浅くてもポテンシャルで評価してもらえることが多く、未経験の職種や業種にもチャレンジしやすいことが魅力ではありますが、短期で会社を離職してしまう事になりますので、その点注意が必要です。

見切り発車で転職してしまうのではなく、計画的に転職活動を進めることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました