30代女性の転職を成功させるポイント

30daizyoseinotensyoku 仕事を探す

30歳前後になって転職を考え始めたものの、特に女性であれば、「今の年齢で自分に合う転職先が見つかるのか」「今回転職を見送ったとして数年後に転職したくなった時に転職できるのか。」などと不安を感じることも多いです。

女性の転職は30歳が限界という噂も聞いたことがある人はいるのではないでしょうか。

事実、一昔前は30代の女性の転職は難しいものでしたが、果たして本当に30代で女性が転職するのは遅いのでしょうか。

女性の転職と年齢の関係や、女性が転職に成功するためポイントを解説します。

転職における年齢の見られ方

女性が転職するにあたって、30代だからといって転職できないわけではありません。

20代に比べて知識やスキルを持っている場合も多く、大幅なキャリアアップに成功する女性も少なくありません。

しかし、男性に比べると、結婚や出産、育児などがキャリアに大きな影響を与えるため、採用する企業もその点は厳しく見ているのは事実です。

表向きには、採用において年齢や性別、既婚か未婚かを理由に求職者を不採用にすることは禁止されていますが、実際採用担当者はそういった点も含めて総合的に合否を判断しています。

例えば小さなお子様のいる方であれば、責任の重い仕事や残業が頻発する仕事を任せることが出来ない為、採用は難しいと判断する企業もあるでしょう。

その為、特に女性は「自身の年齢やライフイベントが労働にどれくらい影響があるか」を理解したうえで自分をアピールすることが大切です。

業界や職種によっても年齢がどの程度採用に影響があるかは異なります。

例えば、小売業やサービス業などシフト制で働く業種は、家庭の事情に合わせたシフトを組めれば、働き方への影響はそれほど大きくない為、年齢に関わらず女性を積極的に採用している場合が多いです。

一方で土日休みの企業で社員全員に同じ定時が適用されている場合、子育て中女性はどうしても時短勤務など利用しなければならない場合もあるかもしれません。

そういった企業に転職を希望する場合は、その業界や職種で経験と実績をしっかり積んで即戦力として活躍できることをアピールし、スキルやキャリアを評価されることが大切です。

自身の今の生活で、「どんな働き方なら可能か」を考え、その働き方を実現できる会社や職種を探すことがポイントです。

30代で転職するメリット

前職と同じ業界や職種へ転職する場合であれば、これまでに知識やスキルをしっかりと身に着けている場合、転職によって社格や給与を大幅に上げることも可能です。

第二新卒など経験の浅い世代と比べて、スキルや経験を強みに転職活動できるのが30代のメリットと言えます。

30代で転職するデメリット

未経験の業界や職種にチャレンジしたい場合は、断然若手が有利になり、年齢が上がれば上がるほど採用されるのは難しくなります。

20代の間は、ポテンシャルが重視され、未経験者でも転職を成功させやすいですが、年齢が上がるにつれ企業は即戦力としての採用を考える為です。

多くの企業は「20代ならこれから教育すれば、自社に馴染むことができる」と考えているため、経験よりもやる気や将来性が評価されやすいのです。

この点については、男性でも女性でも条件は同じですが、女性の場合、子育て中などで働く時間に制限がある場合は、未経験の職種への転職はさらに難しいと言えます。

30代でどうしても挑戦したい未経験の仕事や業界があるなら、転職する前に業務に必要な資格を取るなどの努力が求められます。

逆に20代は若さを武器に様々な職種、業種に挑戦できるので、未経験転職を考えているなら早めに転職活動をを始めるようにしましょう。

30代転職でやりがちな失敗

見切り発車で会社を辞めてしまう

「思い切って環境を変えたい」という転職理由が多いのが、30歳前後の女性の転職希望者に見られる特徴の一つです。

仕事が苦痛であったり、人間関係に不満を持っている場合、少しでも早く会社を辞めたいという気持ちが働いて見切り発車で会社を辞めてしまう場合があります。

特に女性であれば、結婚や出産を機に、とりあえず会社を辞めようと考える女性も少なくありません。

しかし、30代女性が安易に退職を選び離職期間を長引かせるのは、転職活動で不利になる可能性が高く、良いアイデアとは言えません。

離職期間が長さは、社会的な信用と直結して考えられることが多いです。

転職活動においてなるべくブランクは無くしておいて損はありません。

今後のことはとりあえず仕事を辞めてから考えようと、計画なしで会社を退職すると、次の転職で不利になる要因を作ってしまう可能性もあるため、慎重に考えることが大切です。

自分を新人だと思っている

企業が30代の人材を中途採用者する場合、「新人」として採用することはほとんどありません。

新卒入社の新人と同じ気分では、なかなか転職先を見つけることも難しいでしょう。

新しい職場でも、受け身の姿勢のままでいると、なかなか活躍することもできず早期退職に繋がってしまうかもしれません。

転職先で分からない事が多くあるのが仕方のないことですが、即戦力として採用されたことを自覚し、少しでも早く活躍する為に自発的に行動する必要があるという心構えを持っておきましょう。

経験と似ても似つかない全く未経験の業種・職種を選ぶ

30代の転職で、全てをリセットしたいと考えて、今までの経験や知識を全て投げ捨てて振り切った転職を希望している場合は、もう一度立ち止まって冷静に考え直した方が良いでしょう。

例えば、サービス業や販売職で活躍してきた人が事務職への転職を希望する場合です。

実際に事務職に転職してみると、思っていたよりも退屈だと気付くことも少なくありません。

また転職するとしても、下がってしまった給与を上げるのは簡単ではありません。

こういった事態を防ぐ為にも、転職前に「なぜ転職したいのか」をしっかり考えることが大切です。

現在の仕事で「好きなところ」と「改善したいところ」を明確にし、「好きなところ」を伸ばす転職が出来れば給与も下げることなくキャリアアップ転職を叶えることも可能です。

20代のうちに自分の強みを作れていない

30代転職を成功させるには、20代のうちにある程度自分の得意な事や自分の強みを明確にしておく必要があります。

20代のうちに一生懸命仕事に取り組んで、重要な仕事を任されるチャンスをしっかりものにしていけると、いざ30代で転職を考えた時にその経験が自分の武器になってくれます。

自分の自信につながるような経験や知識がないと、次のキャリアの選択肢が非常に狭くなってしまいます。

行動が遅い

「転職したい」と思ったら、1日でも早く行動することが大切です。

多くの場合、年齢が上がるにつれて転職をしにくくなってしまうのは事実です。

転職したいと思いながら行動せずにいる間にも、選択肢がどんどん減ってしまっていることを自覚しましょう。

もちろん、見切り発車で転職をするのではなく、早めに情報収集をし、いざという時にすぐに動ける準備をしておくことが大切です。

30代女性が企業を選ぶときのポイント

特に女性であれば、将来的に長く働くためにも、プライベートとの両立ができるようなワークライフバランスの整っている職場を選びたいと思っている人も多いでしょう。

以下のポイントをチェックして将来的にワークライフバランスを大切にした働き方の出来る職場を見極めましょう。

最終面接で経営者に質問するなどして企業文化に関する情報を収集していく事も大切です。

体力的負荷が高くないこと

体力的負荷が高い仕事は、若いうちは楽しいかもしれませんが、長く続けていくと苦痛に感じる人も多いようです。

仕事を長く続けたいと思っているのであれば、できるだけ体力的な負荷が低い仕事を選ぶようにしましょう。

特に女性は、出産などのライフイベントがあった場合、会社を休む必要があります。

ずっと立ちっぱなしの仕事よりも体力負荷の低い仕事であれば、体力にまだ自信がない期間でも少しずつ仕事に慣れていくことが出来ます。

育児しながら働いている女性が多くいること

育児をしながら勤務継続をしている女性社員が実際にいる会社を選ぶことも大切です。

就業規則上は育休制度が存在していたとしても、実態として育休制度を活用している社員がいない場合もあります。

そういった会社では、もし自分がそのような立場になった時、休暇を取得しにくい雰囲気のために苦労する可能性があります。

他部署も含め会社全体で、育児をしながら働いている社員がいるかをチェックしておきましょう。

ライフスタイルに合わせた働き方が出来る制度があること

時短勤務制度やフレックスタイム制度を活用することで、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方が出来るかどうかも重要なポイントです。

保育園のお迎え時間があるにも関わらず、フレックスや時短勤務を利用できず、定時を過ぎて残業がある会社では長く仕事を続けることは出来ません。

制度があっても活用されておらず、早め退社しにくい企業は、配慮が足りない企業の可能性が大きいです。

女性に雑用を任せてないこと

古い体質の会社では、女性と男性で任せる仕事を分けている場合があります。

お茶くみやコピー取り、来客応対などの雑用を女性の仕事としている会社ではなく、男性社員と同じように女性社員も企画業務などに参加できているかどうか確認しましょう。

女性に雑用を任せているような雰囲気の職場は女性のキャリアに無関心な傾向にあります。

活躍しても公平に評価されることは難しいでしょう。

女性正社員比率が高いこと

なるべく女性正社員比率が高い企業を選びましょう。

そもそも女性が会社に少ないと上で説明したような制度が機能していない可能性があります。

女性社員比率が高ければ、仮に制度が整っていなくても、なんとなく女性が働きやすい体制が少しずつ構築されている可能性があります

女性社員が全体の20%以上あれば、女性の声が経営陣に届きやすくなります。

女性の転職は転職エージェントの利用がおすすめ

転職を成功させるためには情報が全てです。

転職エージェントを利用することで、情報不足、確認不足による転職の失敗を防ぐことができます。

特に女性の転職は、結婚や出産・育児など考慮しなければならないことも多く、何から始めればいいか悩んでしまいますよね。

そういった場合は、女性の就職に強いと言われている特化型の転職エージェントを活用するのがおすすめです。

女性特化の転職エージェントは、女性にとって働きやすい企業の特集を組んでいたち、女性が気になる点を求人票に分かりやすく記載したりと、女性にとって嬉しい取り組みがされています。

休暇や時短制度、フレックス制度や女性社員比率など、転職サイトからの直接応募では企業に聞きにくいことも多いため、転職エージェントを通して気になることは全て聞いておきましょう。

自分のライフスタイルや希望のキャリアをしっかりとエージェントに理解してもらい、自分にあった求人を紹介してもらうことで効率的にかつ安心して転職活動を進めることができます。

まとめ

現在のライフスタイルで可能な働き方や今までの経験、希望する今後のキャリアなどによって、転職が成功するかどうかは違ってきます。

転職を成功させるためには、年齢による転職のメリットやデメリット、注意点をしっかり理解し、計画的に行動することが大切です。

年齢は合否判断の要素の一つに過ぎませんが、自分にとってどの程度採用に影響するのかを把握しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました